お葬式・お通夜について

PR | 介護用品のレンタルならこちらにお任せ
お葬式とは、死者を葬るための儀式であり、弔いの場となるものです。日本では、葬式は悲しみの場・死者とのお別れする場と考えられることが多く、喪服などのモノトーンの色で式場が飾られる場合がほとんどです。
葬式は宗教の概念が深く関連しており、故人の宗教観や参列者の宗教観により、多少意味合いが異なる場合もありますが、たいていの場合は死者とのお別れを偲ぶ会とされることが多く、死者を送り出すために行われます。
また、故人とのお別れの場としての精神的な処理だけでなく、「だれがいつ亡くなったのか?」という社会的処理としても葬式は行われます。
葬式の流れ・方法は宗派によって異なっておりますが、葬儀の前日にはお通夜が設けられ、死者とのお別れや、死者を魔物から守るという意味を込めて一晩死者を見守るという行為が行われます。そのため、通夜の晩には一晩中誰かが遺体に付き添い、選考や明かりをともし続け、死者の胸元に魔除けを置くといったことがなされるのです。

また、合同葬という故人を偲ぶ会も行われます。
合同葬という言葉、一度は耳にしたことがあっても詳しくは知らない方が多いのではないでしょうか。
一般的な遺族が主体となるのが通常の葬儀であれば、合同葬とは故人が勤めていた企業や団体と遺族が共同で行う社葬の一種です。
企業の重役や社会的な著名人ともなれば関わってきた人数も多いので、準備の負担軽減などから社葬と通常の一般葬を一緒に行うようです。
社葬の場合は企業が施主となるので、一般葬とは異なり社業に貢献したという故人への弔意と敬意を示し、事業継承者を認知してもらう企業のステータスを保つ意義がありますが、合同葬は基本社葬と内容は同じですが施主は喪家が務め、会社側は委員会を作り喪家との調整・連絡をしながら一緒に行うものになります。
また大震災や大規模な事故などで多数死者が出た場合、喪家単位での葬儀が難しい時にも合同葬が行われることがあります。

<PR> 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / クレジットカードの即日発行じゃけん / お家の見直ししま専科 / 健康マニアによる無病ライフ / 心の童話 / 童話 / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / オーディオ / 家計見直しクラブ / ショッピングカート / JALカード