葬儀の種類について

葬儀は多様化が進んでいることもあって、様々な種類があります。
まず、日本の伝統的な形式の一般葬は、遺族や親族以外の一般会葬者も含めて行う葬儀です。
また、近年注目されている家族葬は、近親者やごく親しかった人のみでお別れをします。
そして日本では、葬儀の大半が宗教に則って行われる宗教葬で、そのほとんどは仏式ですが、キリスト教式や神式で行われる場合もあります。
しかし、近年では宗教にこだわらない形式の直葬や音楽葬なども増えており、無宗教葬を希望する人に多く選ばれています。
近年増加傾向にある直葬は、通夜や告別式などの儀式を省いて、ごく親しい人数名で火葬のみを行う葬儀のことです。
また、自由葬と呼ばれる無宗教葬の中のひとつの音楽葬は、読経や宗教儀式の代わりに故人が生前好きだった曲を流したり、楽団に演奏してもらうなど、音楽を中心に行われます。
それから、一般的ではなく行われる件数も少ないですが、自然葬や生前葬と呼ばれるものもあります。
自然葬は、山や海などに散骨することにより自然に返す形式で、生前葬は一般的な葬儀とは異なり亡くなる前に行うので、偲ぶ会やお別れ会などに雰囲気が近いです。