葬儀の種類について

葬儀と一言にいっても、いろいろなタイプの葬儀があります。規模の大きいものから小規模なものまで様々です。お別れの形は様々ですが、どのような種類があるのでしょうか。
まずは、遺族や親族だけではなく、故人を知る人たちとともに見送るタイプなのが、一般葬、社葬、合同葬です。親族、身内だけで見送るのは、家族葬、密葬となります。簡素・簡略してお別れする場合には、一日葬という、通夜と葬式を一日で行うものや、直葬という火葬だけで済ませる葬儀もあります。さらに、故人にちなんだお別れをするタイプとして、音楽葬・自由葬、お別れ会・偲ぶ会などがあります。これ以外にも、信仰に基づく宗教葬などがあります。
次に、会場によって葬儀の形を選ぶこともできます。自宅で行う場合の自宅葬。葬儀会館やセレモニーホールで行う場合には、会館葬、斎場葬となります。仏教宗派の檀信徒の方やキリスト教徒の方の場合には、菩提寺の本堂や協会の会堂で行うことも多く、この場合には、寺院葬、協会葬となります。