葬儀の出棺について。

告別式の後に葬儀の式場内で故人の遺族・親族・友人が故人とお別れします。お別れが終わったら柩のふたを閉めて故人を火葬場へ連れて行きます。この際が故人との最後のお別れになります。最後のお別れにおいては、祭壇に飾られてる生花を故人の周りに飾る様に全員で柩に入れ(お別れ花)、更に、お別れ花と一緒に故人が生前愛用していた物も入れます。柩は故人に近しい者が霊柩車まで連れてきます。この場合に司式者や僧侶が柩の先頭に立ち喪主が位牌を持ち、喪主に次ぐ人が遺影を持ち柩を先導します。霊柩車に柩をのせた後に遺族の代表が出棺の見送りをしてくれた人々に挨拶します。その後火葬場に向かいます。火葬場には遺族・親族・故人と特に親しかった友人が同行します。葬儀の際の出棺については地域性や故人の信仰する宗教によって様々です。これらの事は事前に全員で練習しなくても葬儀社の人がサポートしてくれるので出棺の際に不安な事があれば葬儀社の人に相談すると良いです。