神道式の葬儀で参列者がすること

日本ではほとんどの葬儀が仏教式で行われますが、中には神道式で行われる場合もあります。

神道の概念では死者はあの世へ行くのではなく、家の守り神になるという先祖信仰があります。
そのため、神道式の葬儀では故人の死の穢れを清め、神として祀るための儀式が行われます。
流れとしては修祓の儀というお祓いがあり、神職による祭詞奏上、玉串奉奠となります。
玉串奉奠は仏教の焼香にあたる行為で、一人一人の参列者が故人への最後のお別れを行うことになるのですが、玉串という榊の葉に紙垂(しで)と呼ばれる白い四角い紙片を付けたものを一人一人が祭壇に掲げ、故人の霊が安らかであることを祈る行為です。
玉串奉奠は玉串を祭壇に掲げ、最後には二礼二拍手一礼するのが作法ですが、これは神社にお参りする時などにしたことがある人は多いと思います。ただし、葬儀の際には「しのび手」と呼ばれる、実際には音を出さずに行う拍手で二礼二拍手一礼を行います。