様々な種類の葬儀について

葬儀とは、故人を弔うために行う儀式です。一口に葬儀と言っても、その宗教や宗派により、様々な種類があります。日本人のほとんどが行うと言われている仏教式の葬儀では、宗派により細かな違いはありますが、基本的に、僧による読経があり、焼香を行って、故人の成仏を祈ります。キリスト教式では歌を歌い、献花をします。日本独自の神道の葬儀では、手水の儀や玉串奉奠を行います。昨今では、特定の宗教にとらわれず自由な形式の「お別れ会」や「偲ぶ会」と呼ばれるものも増えています。また、身内や親族のみで行う「家族葬」や、最低限の火葬のみを行う「直葬」と呼ばれるような、小規模の葬儀が増えているのが特徴です。このような一般的な個人葬とは別に、「社葬」と言って、企業が執り行うものもあります。社葬は、故人の業績を称えるとともに企業の展望をアピールするための場であり、社会的な意味合いが強いものです。参列者が多い大規模の儀式になり、故人葬とは全く異なる意味合いと雰囲気のものです。