意外と知らない葬儀の種類

葬儀には、いくつかの種類がある事をご存知でしょうか?
ごく一般的な葬儀として知られているのは一般葬であり、故人を知る人達と遺族、親族で見送るものです。
この他にも、会社や企業が行う社葬や、会社や企業と家族が共に行う合同葬もあります。
また、遺族、親族だけで見送る葬儀としては密葬、家族葬が挙げられます。
こうした密葬、家族葬に偲ぶ会やお別れ会を組み合わせたスタイルも、最近では珍しくありません。
さらに、火葬のみで済ませる直葬、通夜と葬儀を一日にまとめて行う一日葬といった、簡素なものもあります。
その他にも、故人にちなんだ自由なスタイルで行う自由葬と呼ばれるものも増えてきており、音楽で故人を見送る音楽葬は、いわゆる自由葬の一種となります。
このように、一言で葬儀と表してもその種類はたくさんあり、年々増加傾向にあると言えます。
そこで、故人が最も喜ぶ形のものを選んで、見送る事を心がけるようにすると良いでしょう。