葬儀の際のマナーについて

葬儀のマナーは一般的に認知されている以上に豊富にあり、実際に直面したときに慌てることが多いです。例えば、通夜や告別式などに行く場合は黒い服装で統一することは誰もが知っていることですが、時計や携帯電話など音が鳴るものは必ず電源を切るか、もしくはマナーモードにしなければいけません。というのも、お坊さんの読経中や黙祷、骨上げの際にそれらの音が鳴ってしまったがゆえに、厳粛とした葬儀の雰囲気が台無しになり、ひんしゅくを買ってしまう例が少なくないからです。また香水も通夜や告別式での線香の匂いを邪魔してしまうとして、敬遠されるため、注意しなければいけません。
故人のかたとどれほど親しかったにもよりますが、訃報の連絡を受けた場合、可能な限り早急に駆けつける必要があります。そのとき家や式場に入る前に、お悔やみの言葉と同時に深々とお辞儀をします。またお悔やみの言葉に、繰り返すや続くなどの意味合いを持つ言葉、死亡や生存などの死を表現する言葉は避けなければいけません。