最近増えている小さなお葬式とは

昨今は、核家族化や少子高齢化に伴い、家族葬や一日葬、直葬などと言って、小規模のお葬式を行う家族が増えてきています。まず、家族葬とは、身内や親族と、ごく近しい友人を最優先に考えて、儀礼的な弔問等をなくし、家族中心で執り行う儀式のことです。一般のお葬式の縮小版と捉えることができ、通常は、通夜や告別式や火葬といった一連のセレモニーを行います。一日葬は、家族葬の中から通夜をなくして、一日でお別れと火葬までのお葬式を済ませるスタイルの儀式のことで、ワンデーセレモニーと呼ばれることもあります。直葬とは、火葬式とも呼ばれるスタイルのもので、通夜も告別式もなくして、納棺後に身内や家族だけでお別れを済ませた後、すぐに出棺し、最低限の火葬だけを済ませるスタイルです。小さなお葬式の中でも、一番小規模になります。今後、非婚化や晩婚化が一層進み、超高齢化社会が到来すると予想されるため、こうした小さな規模のものは、ますます増えていくと予想されます。