親の葬式で泣くのを我慢するメリットとデメリット

親の葬式で泣くのを我慢すると、親戚に偉いと褒められる、兄妹にやせ我慢はよくないと言われるなどのメリットがあります。親が亡くなると子供は、頼りになる人がいなくなったことから、寂しさと悲しみのため号泣するのが一般的です。なので、我慢をして涙を流さずじっと耐えていると、親戚達に偉いと褒められる可能性が高いです。あるいはその健気な姿に、親戚達のほうが涙を流すかもしれないです。また、一緒に親の葬式に参加している兄妹達に、我慢はいけないと教えてもらえる場合があります。人前で泣くのが恥ずかしいと感じた場合は、トイレの中か、お風呂に入っている際に泣くのも良い手法です。
泣くのを我慢する行為は、精神的にきついのがデメリットです。悲しいという感情を気力で押さえつけていることになるので、気分的にもよくないと想定されます。そのため、自然と暴力的な発言をしたり、大声を出したくなるので洗面所で隠れて泣いたほうが無難です。