葬儀当日までに行うこと

通夜は遺族や親族が故人に最後の別れを告げて、冥福を祈る儀式です。葬儀の日時が決まったら故人が生前親交があった人たちへ電話やFAX、メールなど連絡をします。連絡する順番は、親族、親族の友人や知人、職場や学校関係など各所の窓口になる代表となる人に連絡しておくと、他の方達にも連絡をしてもらうことができます。喪主や遺族は弔問客への応対する役目があるので、全体を指示する側には立つことができません。親族や近所の人、親しい友人・知人などにお手伝いをしてもらいます。お手伝いをする人数は規模によって異なります。受付・会計・案内係などが必要になります。お礼として終わった後に志をお渡しすることもあります。参列者の人数が決まったら通夜の料理の注文を行います。種類などは葬儀社などに確認しますが、締め切り時間は葬儀社によって異なるため締め切り時間も忘れずに確認しておきます。親族・遺族の分をまとめて注文しますが、注文締切も葬儀社によって異なるため確認しておきますが、遺族以外の供花の注文は葬儀社の連絡を伝えて直接注文してもらった方がよいです。